【注意】イオン銀行ATMでの三井住友銀行からの出金には手数料がかかる

節約

三井住友銀行からの出金をしようと思ったとき、三井住友銀行のATMが近くになくて困ったことはありませんか?

 

そんなときに便利なのがコンビニにあるATMですが、コンビニにあるATMと同じ感覚でイオン銀行ATMから出金すると、ATM利用手数料が発生してしまいます。

 

私はイオン銀行ATMで手数料が発生することを知らずに利用してしまって、痛い目をみました。

 

今回は、三井住友銀行からの出金時の手数料について説明します。

イオン銀行で出金した場合の手数料

イオン銀行で三井住友銀行からの出金時の手数料は下表の通りです。

出典:三井住友銀行HP

 

手数料無料になる救済措置はなく、問答無用で手数料(108円 or 216円)を取られてしまいます。

 

三井住友銀行・コンビニATMで出金した場合の手数料

三井住友銀行ATM・コンビニATMから出金時の手数料は下表の通りです。

出典:三井住友銀行HP

 

イーネット銀行(ファミリーマートによくあるATM)、ローソンATM、セブン銀行ATMといったコンビニATMでは、「SMBCポイントバック」というサービスにより、月3回まで手数料無料で出金をすることができます。

 

SMBCポイントバックによる手数料無料の条件

「SMBCポイントバック」によりATM利用手数料を無料にすることができます。

ただし、無料にするには条件があります。

出典:三井住友銀行HP

 

手数料無料にするための条件とは、

  1. 給与受取または、年金の受取
  2. クレジットカードのご利用代金の引き落とし
  3. 30万円以上のお預かり資産残高
  4. Web通帳のご契約
  5. SMBCデビッドのご契約

のいずれかひとつを満たすことです。

一番条件を満たすのが簡単なのは、「4.Web通帳のご契約」ですね。

紙の通帳が使えなくなりますが、パソコンやスマホが使えればよほど問題ないと思います。

 

まとめ

三井住友銀行からの出金をイオン銀行ATMでやるとATM利用手数料が発生してしまいます。

 

ATM利用手数料を無料にするには、SMBCポイントバックの条件を満たして、三井住友銀行ATMかコンビニATMを使うようにしましょう。

 

コンビニATMの場合、手数料は月3回までしか無料にならないので、電子マネーやクレジットカードを積極的に利用して出金頻度を減らすことをおすすめします。

コメント